オークションを利用してみて。

もしかしたら半額で手に入るかも



hanadan_F4_1.jpg クリックしてくれると管理人もがんばって更新します 気に入っていただけたらこの記事を共有してください。 ボタンをぷちっと押していただけるとありがたいです。

2009年07月22日

NEWS 加藤成亮さんセミナー観劇レポート

最近、舞台を見に行くことが多くて、金欠病です。

先日(といっても結構前になりますがふらふら)、6月9日(火)に

セミナーを観劇しました。

NEWSの加藤成亮さんが主演でした。

ラブシーンが多いことで話題になりましたね。
記事はココ

以下Yahooニュースからの引用

※引用ココから※

現在セミナーハウスとして使用されている、メディチ家ゆかりの邸宅。そこにはグレチェン助教授のもと、6人の学生が美術史のゼミのために集っていた。物語はこの邸宅にある噴水の前で、ローレンという男子学生が意識のない状態で発見されたことから始まる。果たして、彼をこのような状況に追い込んだのは何だったのか。

舞台はイタリア・フィレンツェであるが、そこに広がる光景は、今の日本とさして変わらない。携帯電話やパソコンに依存する若者たち。その裏に垣間見える両親の姿に怯え、自らの主張を失った教師。そんな中で異彩を放つのが、加藤成亮演じるローレンの存在だ。ローレンは彼らを軽蔑し、「アイツらのバカな世界には生きていたくない」と言う。と同時に、さまざまな顔を使い分け、彼らに大きな影響を及ぼしていくのだ。それだけに非常に難易度の高い役と言えるが、加藤成亮は初主演舞台とは思えないほどの堂々たる演技を披露。
低く通る声に、人を惹きつける不思議なオーラをまとわせ、ひとりの魅力的な男性像を作り上げた。そんなローレンの世界に引き込まれていったのは、何もセミナーの人々だけではない。いつの間にか観客までもが、ローレンに釘づけになっていく。特にラスト間際で見せる彼の感情の爆発は、誰もが息をのむ圧巻のシーンとなった。


※引用ココまで※


実際はそれほどでもありませんでしたが。

笑うところはほとんどなく、
どちらかと言うと暗い印象を受ける舞台でしたが、
ラストの彼は 美しかったです。

終わってしまっているのでネタバレOKですね


水に濡れ、泣きながら睡眠薬を飲むローレン(加藤君の役名)は

切なくて、綺麗でした。

加藤夏希さんとのキスシーンはドキドキ揺れるハートしました。

YOUTUBE動画はココ

長い そして生々しい。動画で見ると結構照れる黒ハート

シゲ キス上手すぎです。
posted by みゅうまま at 14:42| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
学生のリュックサックは中・小学生のために設計する1種のかばんで、その包有物はちょうど良くて、幅に比べて2の肩のサスペンダーサスペンダーがあってしかも、グッチレプリカ同時に手で提げることができて、常用する色はしかも性質の丈夫な防水の皮革があでやかで、オックスフォードの財布のようです作って、グッチレプリカは少年の好感の各種のカートゥーンのイメージを印刷してあります。あでやかな色は青少年の児童の視覚の大好きなことに合うを除いて、更に人目を引くためで、学生が街を過ぎる時傷を受けることを防ぎます。グッチレプリカ
Posted by グッチレプリカ at 2014年02月17日 17:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック