オークションを利用してみて。

もしかしたら半額で手に入るかも



hanadan_F4_1.jpg クリックしてくれると管理人もがんばって更新します 気に入っていただけたらこの記事を共有してください。 ボタンをぷちっと押していただけるとありがたいです。

2010年09月15日

椿隆之さんの山南敬助最高!!

今回レポートするのはこれ「FROG〜新撰組Jade Keeper〜 / D'TOT 」

ストーリーはココを見て
9月11日(土)大阪から新幹線乗って行ってきました。

正直迷った。でも椿さんの舞台に興味あったし、何より彼に会いたかった。

交通費含め、25000円は結構痛い。でも思い切って行ってよかった。

どうして2回連続でチケットとらなかったんだろって後悔した。

山南敬助(椿隆之)さんがかっこいいんだってば。

新撰組なのにアクションが?なのは残念だったけど、そんなことより”静”の演技がいい!!

かつ舌は相変わらずだけど、表情は豊かになっていた。特に切ない表情は胸をしめつけます。

今度彼の舞台があったら観劇すべし。。。

DVDが出たら買いたい。もう一度山南敬助さんに会いたいよー。

他のキャストも私たちが知っているキャラクターそのものだった。

土方さんは鬼の副長だし、沖田さんは薄倖の美少年。

posted by みゅうまま at 16:13| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 舞台・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このメールが見当違いの時はご容赦ください。
この度、日本文学館より小説「渋太夫自害」を67歳で初めて書きました。
全国の書店で購入できますが、無名の新人ですので取り寄せになると思います。
内容は奥羽鎮撫総督「九条道孝」が海路より仙台に入ってから会津降伏までの約半年間、
北は「きみまち坂の戦い」から、南は「旗巻峠の戦い」、「世良修蔵事件・秋田川反事件」、
これらのかかわりなどを、パノラマ的にとらえたつもりです。
それと幕末の桜田家と「養賢堂・北辰一刀流・清河八郎・坂本龍馬」のかかわりや、
山南敬助と桜田家の関係も書いております。(販売は10月からです)
Posted by 啓天 at 2013年09月25日 15:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック