オークションを利用してみて。

もしかしたら半額で手に入るかも



hanadan_F4_1.jpg クリックしてくれると管理人もがんばって更新します 気に入っていただけたらこの記事を共有してください。 ボタンをぷちっと押していただけるとありがたいです。

2011年08月20日

太陽に灼かれて_成宮 寛貴に魅せられて

成宮 寛貴 × 鹿賀 丈史  「太陽に灼かれて」見てきました。

詳しくはココ

私の苦手な、笑いがなくて、救いがない終わり方。でもこれが芸術なのかな?

何度か観たら、ミーチャの苦悩とか読み取れたのだろうか。

成宮さんは相変わらず素敵だけど。。。
ピアノを弾き、歌を歌い、タップを踏む。

成宮さんがこの舞台について語るとき、よく出現する言葉


「11年目のステップアップに必要だった舞台」


確かにそうかも。

別にタップを踏む必然性がないけど、ミーチャ(成宮さん)のかっこよさは伝わった。

ある意味成宮さんのために用意された舞台。


嫌いなところそして理解不能なところ

二人に愛されるマルーシャ(水野美紀さん)がきらい

振られたぐらいで死のうとすんな

最後が納得いかない。ネタばれになるので詳しくは舞台が終わってから追記します

よかったところ

成宮 寛貴exclamation×2

カーテンコール
成宮 寛貴さんと鹿賀 丈史さんがにらみ合ってみたり、じゃれついてみたり。
楽しませてくれました。4回も出てきてくれましたよ。
だんだん出てくる人が減り、最終的には主役2人で、ニコニコしながら手を振ってくれました。
posted by みゅうまま at 17:03| 大阪 ☁| Comment(0) | 舞台・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。